スパーシティ・デジタル田園健康特区フォーラム

フォーラム概要FORUM

開催日時
令和6年1月23日(火)
13:00~17:30 ※途中休憩あり
受付・開場 12:00~
会場
ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーB 10階
(グランフロント大阪北館内)
大阪府大阪市北区大深町3-1
主催
内閣府
共催
大阪府・大阪市
協力
公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、一般社団法人関西経済同友会、グラングリーン大阪開発事業者、大阪スマートシティパートナーズフォーラム

本フォーラムは、現地開催と
オンライン(Zoom) を併用した
ハイブリッド開催となります。

参加費用
無料
対象
一般の方、事業者の方等
定員
来場参加:130名
オンラインライブ視聴:上限なし

「来場参加」は定員に達したため
申込受付を終了しました。

  • ※展示ブースのみのご観覧はいただけます。ご希望の方は、当日受付にてお申し出ください。
  • ※「オンラインライブ視聴」は引き続き受付ておりますのでぜひお申し込みください。

プログラムPROGRAM

※詳細は、当サイトにて順次公開いたします。

時間
プログラム
13:00
開会のあいさつ
大臣ビデオメッセージ上映
13:07
テーマ「大阪のスーパーシティ構想」
13:27
テーマ「データ連携基盤」
14:07
テーマ「豊かに暮らす未来の健康社会をめざして」
  • 「大阪・関西万博」
  • 「大阪ヘルスケアパビリオン」
  • 「グローバルに挑むヘルスケアスタートアップの成長支援」
  • 「イノベーションアカデミー」
  • 「大阪スマートシティパートナーズフォーラムの取組み」
15:22
休憩
15:40
テーマ「新たなまちづくりの推進をめざして」
  • 「大阪の拠点開発」
  • 「夢洲コンストラクション」
  • 「グラングリーン大阪のまちづくり」
16:40
テーマ「ストレスフリーな最適移動社会をめざして」
  • 「空飛ぶクルマ」
  • 「MaaS・自動運転」
17:15
テーマ「大阪のスーパーシティの展望」
17:25
閉会のあいさつ

※プログラム内容と登壇者は
予告なく変更になる場合がございます。

登壇者SPEAKERS

主催あいさつ(ビデオメッセージ)

自見 はなこ

自見 はなこ

内閣府特命担当大臣

テーマ「大阪のスーパーシティ構想」

横山 英幸

横山 英幸

大阪市長

テーマ「データ連携基盤」

越塚 登

越塚 登

東京大学大学院情報学環 教授

坪田 知巳

坪田 知巳

大阪府 CIO兼
スマートシティ戦略部長

テーマ「豊かに暮らす未来の健康社会をめざして」

「大阪・関西万博」

河本 健一

河本 健一

公益社団法人
2025年日本国際博覧会協会
企画局長

「大阪ヘルスケアパビリオン」

中野 直樹

中野 直樹

大阪府市
万博推進局 理事

「グローバルに挑むヘルスケアスタートアップの成長支援」

槇山 愛湖

槇山 愛湖

大阪商工会議所
理事・産業部長

「イノベーションアカデミー」

藤村 紀文

藤村 紀文

大阪公立大学 副学長
(産学官協創・知財担当)

「大阪スマートシティパートナーズフォーラムの取組み」

和田 真貴子

和田 真貴子

大阪府 スマートシティ戦略部
戦略推進室
地域戦略推進課長

テーマ「新たなまちづくりの推進をめざして」

「大阪の拠点開発」

山田 裕文

山田 裕文

大阪府市
大阪都市計画局 技監

「夢洲コンストラクション」

松本 年弘

松本 年弘

公益社団法人関西経済連合会
都市創造専門委員会WG 座長
(関西電力株式会社
ソリューション本部 営業部門
法人営業部長)

鈴木 理史

鈴木 理史

株式会社大林組
夢洲スマートシティ
プロジェクトチーム
課長

天雲 伸一

天雲 伸一

株式会社竹中工務店
スマートコミュニティ本部
副本部長

「グラングリーン大阪のまちづくり」

グラングリーン大阪開発事業者

神林 祐一

三菱地所株式会社 関西支店
グラングリーン大阪室長

佐々木 一洋

オリックス不動産株式会社
うめきた開発推進室長

橋本 英仁

阪急阪神不動産株式会社
うめきた事業部 部長

深澤 研

ティフォン株式会社 CEO

テーマ「ストレスフリーな最適移動社会をめざして」

「空飛ぶクルマ」

金子 岳史

金子 岳史

株式会社SkyDrive
エアモビリティ事業開発部 事業開発チーム
国内事業開発 統括

「MaaS・自動運転」

堀 元治

堀 元治

大阪市高速電気軌道株式会社
常務取締役交通事業本部長

テーマ「大阪のスーパーシティの展望」

鶴見 一裕

鶴見 一裕

大阪市 CDO補佐監兼
デジタル統括室長

閉会のあいさつ

安楽岡 武

安楽岡 武

内閣府
地方創生推進事務局 審議官

(敬称略・順不同)

展示ブースBOOTH

スーパーシティの実現に向け先端技術を活用した
最先端の取組を「見て」「聞いて」「体験」

企業・団体 出展内容
公益社団法人関西経済連合会 大阪スーパーシティの取組みの一つ、夢洲コンストラクションは、先端的技術や関係者間のデータ連携等にて万博工事の円滑化を図る取組みです。万博工事から始まる夢洲まちづくりでの、関経連の取組みをご紹介します。
公益社団法人
2025年日本国際博覧会協会
2025年、大阪・関西万博が「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げ、大阪 夢洲で開催されます。当ブースでは、チケット情報等、2025年大阪・関西万博に関する展示等を行います。
グラングリーン大阪開発事業者 2024年9月に先行街びらきするグラングリーン大阪の事業概要および展開される取組についてご紹介します。
大阪スマートシティパートナーズ
フォーラム(OSPF)
大阪府、府内43市町村、企業、大学、シビックテック等で設立した大阪スマートシティパートナーズフォーラムでは市町村が抱える地域課題解決に向けICTを活用したサービスの実証・実装に向けた取組を推進しています。当ブースでは、フォーラムの取組をご紹介します。
大阪市高速電気軌道株式会社
(Osaka Metro)
Osaka Metroの都市型MaaS構想「e METRO」の取り組みおよび万博へ向けた取り組みについてご紹介します。
また、2025年大阪・関西万博でのレベル4運行を目指す、自動運転バスのこれまでの実証実験の取り組みと今後の展望をご紹介します。
株式会社大林組 多くの作業員や工事車両を認証・管理するICTシステムやデジタルツインを活用した施工管理など、万博会場整備工事でも活用される先進的な建設DXの取組みを展示いたします。
先進的な建設DXの取組みのイメージ画像
株式会社竹中工務店 竹中工務店が取り組む夢洲コンストラクションに向けた官民データ連携、陸空3D自動搬送、可動空間サービス、先端的なまちづくりに向けた可動水上床、デジタルツイン・プラットフォームをご紹介します。未来のまち、ご一緒に考えませんか。
未来のまちのイメージ画像
関西電力株式会社 関西電力グループが新しく取り組んでいる、低速モビリティ・空飛ぶクルマ向けの充電器などのモビリティに関する事業、お客さまが保有する生産設備や自家発電設備・蓄電池などの分散型エネルギーリソース分散型リソースの最適運用に関する事業、脱炭素・水素社会実現に向けた取組みをご紹介します。
関西電力送配電株式会社 送配電事業で培った技術や関西一円の電力設備を活用して、社会課題解決に向けた新たな価値提供に挑戦しています。電力データ活用、広告事業、スマートポールによるまちづくりなどをご紹介します。
大阪ガス株式会社 CO2を増やさずに、エネルギーを使い続けられる社会を実現するために、Daigasグループは「メタネーション」の実用化を進めています。大気中に排出されるCO2とクリーンな水素を反応させることで、未来の都市ガス「e-メタン」を生成します。これら内容をパネル等によりご紹介いたします。
公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構(けいはんな) けいはんな学研都市で開催する「けいはんな万博2025」に向けて、MITSUFUJI 03(スマートウォッチ)で「従業員・住民の見守り・健康促進ソリューション」を提案するミツフジ㈱、『未来の耳「軟骨伝導」』で聴こえの課題を解決する㈱CCHサウンド、植物細胞由来の健康食品や化粧品を提供する㈱ジャパン・オーガニック・イールドと共に、本都市が実現を目指す豊かな未来をご紹介します。
けいはんな万博2025のイメージ画像
三菱電機株式会社/メルコモビリティーソリューションズ株式会社 三菱電機は、走破性に優れた自律走行ロボット「Cartken」の社会実装に取り組み、誰もがいきいきと過ごせる社会の実現に貢献していきます。配送ロボットの実機を展示、またロボットによる配送サービスのイメージ動画を放映いたします。
大阪府/西日本電信電話株式会社 大阪府では、公民が活用できる大阪広域データ連携基盤(ORDEN)の整備を行いました。ORDENにて提供するデータ連携基盤サービスや住民向けポータル(マイド・ア・おおさか)の概要について紹介いたします。
大阪府/大阪市 ①動画等で、スーパーシティや大阪の拠点開発を紹介します。
②AR/VR映像で、超大型台風が来る様子や、生物多様性が失われた世界を体験していただけます。
③VRゴーグルで、日常・災害時での空飛ぶクルマの活用シーンを体験していただけます。
VRのイメージ画像
大阪公立大学 大阪公立大学が推進している「イノベーションアカデミー事業の推進によるマルチスケールシンクタンク機能を備えた成熟都市創造拠点の構築」(令和5年度 文部科学省「地域中核・特色ある研究大学強化促進事業」採択)をご紹介します。

アクセスACCESS

住所

大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館内

交通アクセス

公共交通機関でお越しください。

電車でのアクセス(最寄駅)

【JR】
大阪駅(大阪環状線、神戸線、京都線、宝塚線、おおさか東線)、北新地駅(JR東西線)
【阪急】
大阪梅田駅(神戸本線、宝塚本線、京都本線)
【阪神】
大阪梅田駅(神戸本線)
【Osaka Metro】
梅田駅(御堂筋線)、東梅田駅(谷町線)、西梅田駅(四つ橋線)

バスのアクセス

大阪空港から約30分(空港リムジンバス)
関西国際空港から約60分(空港リムジンバス)

車でのアクセス

阪神高速11号池田線 梅田出口

参加申込APPLICATION

本フォーラムは、現地開催とオンライン(Zoom)を
併用したハイブリッド開催となります。

参加費用
無料
対象
一般の方、事業者の方等

来場参加

「来場参加」は定員に達したため
申込受付を終了しました。

  • ※展示ブースのみのご観覧はいただけます。
    ご希望の方は、当日受付にてお申し出ください。
  • ※「オンラインライブ視聴」は
    引き続き受付ておりますのでぜひお申し込みください。

オンラインライブ視聴

定員
上限なし
締切
令和6年1月23日(火)17:30まで

下記「 参加申込」をクリックすると、
申込フォームが表示されます。
フォームに必要事項を入力し送信してください。
回答が完了すると、入力したメールアドレスに
登録内容が自動返信されます。

※受付完了メールは、
【@daiko.co.jp】のドメインからお送りします。
ドメイン指定受信設定をされている方は、上記ドメインを
許可するか、設定を解除するようお願いいたします。

ページのトップに戻る